妊活

温活のすすめ!妊娠したい人が実践している体質改善方法とは?

投稿日:

mamini-20160430-25-pregnant
「温活」という言葉を聞いたことがありますか?温活は、体を温めることで人が本来持っている体の機能が正しく働くようにする活動を指し、女性の悩みである冷えを改善するとして注目を集めています。冷えを改善できれば、妊娠もしやすくなるんですよ。

そこで、今回は妊娠しやすくなる体質を作れる「温活」についてご紹介します。温活が妊活に効果的な理由のほか、温活の具体的な方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

温活で妊娠しやすくなる理由とは?

温活で妊娠しやすくなる理由はおもに2つあります。以下でご紹介しましょう。

【理由1】卵巣への血流をよくして健康な卵子を作れる

体を温めると卵巣の血流が良くなり、酸素や栄養のたっぷり運ばれた健康な卵子が育ちます。反対に体が冷えると、健康な卵子を作りにくくなってしまいます。

この理由は、体が冷えることで全身の血液が生命維持にかかわる心臓や内臓に集中し、卵巣へ十分な血液が運ばれなくなって卵巣の働きが弱まってしまうためです。また血液循環が悪いとホルモンの分泌も悪くなってしまうといわれています。

女性の体は冷えると赤ちゃんを作ることより、自分の命を守ることに集中してしまうんですね。

【理由2】子宮に血がたくさん通って受精卵が着床しやすくなる

赤ちゃんのベッドとなる子宮。温かい子宮にはたくさんの血が通い、栄養や酸素を運んでいます。そうして子宮の働きが活発になると、子宮に受精卵が着床しやすくなります。

一方、体が冷えてしまうと、子宮に十分な血液が行き渡らなくなり、子宮の働きが弱くなってしまいます。子宮の働きが弱くなると受精卵が着床しにくくなったり、着床しても流産してしまったりする可能性があります。

赤ちゃんを胎内に迎え入れるための環境をしっかり整えておきたいものですよね。

温活のための服装は?

mamini-20160504-05-goods
体を温める方法としてまず思いつくのが、冷えそうな部分を直接温める服装かと思います。冬だけでなく、室内のエアコンが効いている夏も、外気温との温度差が気になるところですよね。

冷えを予防するためには、首や手首、足首など動脈が近い部分を温めることを基本にしましょう。首はマフラーやスカーフ、足首はレッグウォーマーや厚手の靴下、手首は手袋や手首ウォーマーなどで温めましょう。寒いオフィスで働いている場合などには膝にかけたり羽織れたりできるブランケットも効果的です。

また、直接子宮や卵巣を温められる腹巻もおすすめですよ。冬場にはカイロを貼ってもいいですね。最近ではお出かけのときにもスマートに着られる腹巻も出てきていますから、チェックしてみるといいでしょう。

服装の着こなしにも注意してみましょう。体を締め付ける服装は血行を悪くして体を冷やしてしまいます。サイズにゆとりがあって体と服の間に空気の層ができ、伸縮性に優れた服を着るようにするとよいですよ。

温活のための食生活は?

mamini-20160505-11-etc
温活のためには、体を内側から温めることも大切です。そのためには食生活の改善が必要ですよね。

まず飲み物ですが、体を冷やす氷の入った飲み物は避けましょう。また、コーヒーや緑茶などカフェインの入ったものも体を冷やす作用があるほか、牛乳や豆乳も体を冷やしてしまいます。体を温めるには、温かい紅茶やほうじ茶、黒豆茶、ウーロン茶などを飲むといいでしょう。

食べ物は、根菜類が体を温める効果があります。にんじんやゴボウ、れんこん、さつまいも、こんにゃく、生姜などが挙げられます。特に生姜は血行促進効果、体温保持効果があるためおすすめですよ。生姜湯などは体も温まりますよね。

逆に体を冷やしてしまう食べ物は、ナス、トマト、ピーマンといった夏野菜や豆腐が挙げられます。摂りすぎには注意しましょう。

果物でも体を温められます。リンゴは体を温める効果のある代表的な果物です。反対に南国のフルーツは体を冷やしやすいため、控えるようにしましょう。

ちなみに食べ物や飲み物は、「寒い地域で収穫されているものは体を温める」という法則があります。一つの目安にしてみるといいでしょう。

温活のための生活習慣は?

mamini-20160504-11-exercise
生活習慣を少し工夫するだけでも体を効果的に温められるようになります。

まず、適度な運動をしましょう!ウォーキングなどはお手軽でおすすめですよ。腕を振って歩くと血流が滞りやすい肩などの血行も良くなるためぜひ実践してみましょう。

手首や足首をほぐすなどのストレッチも冷え対策になります。お風呂上がりに試してみてくださいね。

続いて、ぬるめのお湯でゆっくり入浴することも効果的です。特に半身浴は血行が滞りがちな下半身の血行を促進できます。

寒い時期には乾いたタオルを肩にかけておくと冷えませんよ。なお、冬の朝などに体が冷えてつらいというときには部分浴もおすすめです。温かいお湯を洗面器に張り、足首から下や手首より先をつけて温めましょう。時間がないときでも気軽にできますよね。

漢方やお灸もおすすめ!

mamini-20160505-07-etc

東洋医学では体を温めるさまざまな方法があります。

漢方では、自律神経の乱れを整えたり、血流をよくして古い血を浄化したりする働きがあるものを使うと妊娠しやすい体質に改善できるといわれています。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や温経湯(うんけいとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などが代表的です。漢方の専門薬局や婦人科で相談してみるといいかもしれませんね。

さらに、お灸も手軽に実践できる温活として人気を集めています。お灸は、温熱効果によって血管を収縮させたり拡張させたりして、血の流れを改善する効果があります。

また、筋肉やリンパ節を刺激し、細胞を活性化させる働きもあります。妊活にはぴったりですよね。自宅でもセルフでできるお灸が売られているためチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の記事では、妊娠しやすい体づくりに効果的な「温活」についてご紹介しました。いかがでしたか?

生活習慣や食事、服装など、どれもすぐに実践できる方法ですよね。「冬場や夏の室内での冷えが気になるな」という人は、ぜひ今回ご紹介した温活を実践してみてはいかがでしょうか。気軽な方法で妊娠しやすい体質づくりに励んでみてくださいね!

The following two tabs change content below.

Oga

マミーニ運営者。妻が二人目妊娠の時に、2回流産を経験したことがきっかけで、妊活・妊娠に関する情報を調べ始める。そして自分がいかに無知であったかを知って打ちのめされるも、学んだことを自分なりに整理したいと思いサイトを立ち上げる。家庭内の序列は妻>子供>犬>わたくし。長年不動の地位をキープしている。

-妊活

Copyright© マミーニ , 2020 All Rights Reserved.