みんなの妊活体験談

仕事との両立にも、悩む不妊治療 | 32歳から始めた42ヶ月間の不妊治療体験談

更新日:

couple-0041

試してみて良かったことは?

主人としっかりと話し合ったことが良かったと思います。妊活にはどうしても性生活がかかわって来るので、始めはお互いにオープンに話し合うのが難しかったです。すれ違ったりケンカになったこともありました。

けれど、二人ともが強く子供を望んでいるということが共有できたので、その後婦人科に通って不妊治療を始めてからも、サポートしあって進めることが出来たと思います。

これが私一人だけで通院を始めたとしたら、今よりもっともっと精神的に辛かっただろうと想像します。パートナーとの足並みを揃えることが、先の見えない妊活を頑張るために必要です。

試してみてダメだったことは?

婦人科に通う前に、ネット通販で排卵検査薬を購入し、排卵日を特定しようと頑張った時期がありました。基礎体温だけでは排卵日がよくわからなかったので試してみたのですが、あまりうまくいきませんでした。

使い方自体はとても簡単で、尿を検査用のスティックにかけるだけなのです。その後、線が出れば陽性なのですが、この判定が難しかったのです。線が出たあとどのくらいで排卵なのかわからなかったり、そもそも排卵検査薬に反応が出なかったり、何日も続けて薄い線が出続けて、結局いつが排卵だったのかわからなかったり、なかなか自分の体のリズムが把握できず、イライラしていました。

ご自身の体験談を教えて下さい

私たち夫婦は、婦人科に通ってタイミング法、人工授精、体外受精、とステップアップしています。それでもなかなか授からず、泣きながら寝る夜も多くあります。

初めて体外受精にチャレンジしたのですが、思った以上に卵巣の反応が悪く、余り採卵できませんでした。しかも、何とか胚盤胞まで育って、お腹に戻す移植の準備をしていたのに、解凍がうまくいかずキャンセルになってしまいました。

体外受精はスケジュールが立ちづらく、仕事に穴をあけながらも頑張ったのに、移植すらできないなんてほんとうに悲しかったです。今また、採卵の準備中です。

不妊で悩んでいる人へのアドバイス

不妊は本当に辛いものですよね。自分がどんなに努力しても、結果が出るとは限りません。テレビで、街中で、子供連れを見るたびに羨ましくて妬ましくて、そんな自分が嫌になります。

私自身もまだ妊娠、出産という望む結果が出ていないのですが、いつも言い聞かせるのが「人事を尽くして天命を待つ」という言葉です。

どんなに医療が進歩しても、医者が妊娠させてくれるというものでもないのです。やれるだけやったらあとは天に委ねるくらいでないと、がっかりし過ぎて身が持ちません。

また、職場や家族など、周囲のサポートも欠かせません。周りの人に親切にして、コミュニケーションを大事にすることも必要だと思います。

プロフィール

現在の年齢:35歳
妊活を始めた時の年齢:32歳
妊活期間:42ヶ月
対象のお子さん:1人目

The following two tabs change content below.

ゲスト投稿者さん

当サイトでは体験談、口コミ情報を募集中です。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

-みんなの妊活体験談

Copyright© マミーニ , 2020 All Rights Reserved.