みんなの妊活体験談

身体を動かす事がとても重要です | 28歳から始めた15ヶ月間の不妊治療体験談

更新日:

mamini-20160504-01-exercisepic-comment

試してみて良かったことは?

私は昔から冷え性に悩んでいたんですけれど、手足の血流が悪くなっているだけでなく、どうやら子宮など腹部への血流も悪かったようです。冷え性の人は運動をした方が、不妊治療には効果的だと病院でアドバイスを受けてから、毎日のように腹筋運動などを続ける事を意識しました。

なるべく子宮への血流が良くなる事を重視していたのですが、腹筋運動や股関節を動かす運動が自分には効果的だったみたいです。

冷え性が改善されてから、短期間で妊娠に成功する事ができて、運動法をしっかり考えながら行って大正解だったと思えます。サプリメントだけでは血行促進効果にも限界があるので、運動を続けていく事が大切ですね。

試してみてダメだったことは?

身体を冷やさない事が不妊治療には大切と聞いて、運動を始める前は単純に手足を温める事ばかりを意識していたんです。

しかし身体を温めているだけでは、内臓に対する血流が完璧に改善されているとは言えないらしく、もっと早く運動を始めるべきだったと思えています。

よくお風呂に入るのが不妊治療には良いと聞きますが、お風呂に上がってから身体をまったく動かさず、椅子に座っているだけというのも駄目なようです。
温熱治療とサプリメントだけで血行不良を直そうとするにも、限界があるという事に早い段階で気付くべきでしたね。

毎日運動をするようになってからは、数時間は身体を動かさなくても手足に冷えを感じていません。

ご自身の体験談を教えて下さい

運動をするのは確かに妊活には効果的なのですが、適度な運動を心がけておかないと、後から辛い思いをする事になりかねません。

私も最初の頃は腹筋運動をこれでもかというほどに続けていたところ、子宮に対して負荷をかけすぎるのは良くないと先生に言われてしまったんです。しかも腹筋運動のやり方が間違っていたせいで、腰や骨盤に余計な負担をかけてしまって、腰痛に悩まれる事になってしまいました。

腰痛が治まるまでの間は運動を再開できずに、また冷え性に悩まされる事になってしまったりと、もっと考えながら運動をすれば良かったと思いますね。

不妊で悩んでいる人へのアドバイス

不妊治療を行っている最中は旦那さんとの仲も、少しばかり悪くなってしまうという人も少なくありません。そんな人たちは適度な運動を行うために、旦那さんと一緒にスポーツを楽しんでみるのがおすすめですよ。

身体を動かして血行を促進できる上に、明るい雰囲気の中で旦那さんと身体を動かせるようになります。それだけでも不妊治療のストレスも軽減されて、このまま前向きに妊活を続けられそうだと思えました。

やっぱり家族みんなで笑える雰囲気を作る事が、不妊治療を早く終えるための近道ですね。あまり激しく身体を動かす事は駄目なので、定期的に休憩をしながらスポーツを楽しんでみてください。

プロフィール

現在の年齢:30歳
妊活を始めた時の年齢:28歳
妊活期間:15ヶ月
対象のお子さん:1人目

The following two tabs change content below.

ゲスト投稿者さん

当サイトでは体験談、口コミ情報を募集中です。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

-みんなの妊活体験談

Copyright© マミーニ , 2020 All Rights Reserved.