妊活サプリ 葉酸サプリ

評判は本物?葉酸サプリのロングセラー「ベルタ葉酸」を徹底分析!【全原材料解説付き】

投稿日:

mmn-title-01-001

妊活・妊娠中には葉酸の摂取が大切、ということが定着してきました。そして葉酸は普段の食事以外にサプリメントから摂取することが推奨されていますが、中でも一番人気なのがこのベルタ葉酸です。でも本当に評判通りなのか、実際に利用しネットの口コミなども調査し徹底検証してみました。

ベルタ要酸はこんな人に向いているサプリです

  • 初めて妊活する人で、どの葉酸サプリがいいか迷って決められない人
  • 価格よりも原材料や成分の質を重視したい人
  • 妊娠前〜授乳期間中の間、他の葉酸サプリに切り替えるのが面倒な人
  • 酵母葉酸サプリ「ベルタ葉酸」

    ベルタ葉酸は、葉酸サプリのトップランナー的存在です。発売開始から何度も改良を重ね、今では天然型の酵母葉酸を100%配合するように進化しました。これの何がすごいのかというと、葉酸を酵母で包むことによってより効率的に葉酸が体内に吸収されるようになったんです。

    ベルタ葉酸が長年人気を維持し続けている理由のひとつが、その絶妙な配合成分です。妊活・妊娠中の女性が欲しい!と感じているものがギュギュッと凝縮されています。葉酸はもちろん厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型葉酸を400μg配合(しかも天然型の酵母葉酸で)、妊活・妊娠中女性に最適なバランスの栄養素、そしてさらに美容成分まで配合されているんです。

    私は葉酸だけ摂取できればいいんだから余計なものは入れずにその分安くして、、、という方にはちょっと割高に感じるかもしれません。でも、つわりがひどかったり、妊活で心身疲れて食欲がなかったり、どうしても十分な栄養を食事だけでは補給できない時もあります。ベルタ葉酸はそんな時でも飲みやすい形にこだわって作られているので続けやすいです。

    主要成分 葉酸、鉄、美容成分(黒酢もろみ、ヒアルロン酸、ツバメの巣、プラセンタ、コラーゲン、珊瑚カルシウム)
    初回価格(通常) 5,980円 初回価格(割引後) 3,980円
    月額平均(※) 3,980円 1日あたり(※) 133円

     

    リニューアルした人気葉酸サプリ「ベルタ葉酸」

    新しく配合された、酵母葉酸とは?

    葉酸サプリを探している女性でも、「酵母葉酸」というのはあまり聞き慣れない原材料ではないでしょうか。ベルタ葉酸はこのが使用している、酵母葉酸とはどういったものなのでしょうか?

    葉酸には2種類あって、以下の様な違いがあります。
    ・天然=ポリグルタミン酸型葉酸=吸収率が低い
    ・合成=モノグルタミン酸型葉酸=吸収率が高い

    そして、「酵母」というのはパンを作るときに使われるイースト菌が有名ですね。他にも用途によってビール酵母や納豆酵母などがあります。

    葉酸を酵母に含ませると何が良いかというと、そうすることで体内での滞在時間が長くなり、より効率的に葉酸を吸収できるようになるからです。

    でも実は、ベルタ葉酸に含まれているモノグルタミン酸型葉酸は元々吸収率の高いタイプの葉酸なんです。それなのになぜわざわざ酵母含有にしたのでしょうか?

    これはあくまで推測ですが、酵母=天然・自然というイメージを強調したかったからではないかと考えられます。

    厚生労働省や母子手帳で推奨している葉酸のタイプは、ほうれん草など食品に含まれる天然の葉酸(ポリグルタミン酸型)ではなく、合成のモノグルタミン酸型葉酸です。ですが、”合成”という言葉の響きが、特にこれから赤ちゃんを望んでいるデリケートな時期の女性にとってあまり良いものではありません。

    そこで苦肉の策として合成葉酸を自然食材の酵母に包んで悪いイメージを中和していると思われます。(繰り返しますがあくまで推測です)

    いずれにしても、妊活・妊娠中に必要な葉酸は必要量十分摂取できるのは間違いありません。

    妊娠に必要な栄養素がバランスよく配合

    ベルタ葉酸サプリは、妊娠中に不足しがちな成分をこれだけでほとんど摂取することができるように、様々なものが配合されています。妊娠中の必要摂取量である400μgの葉酸の他に、27種類のビタミンやミネラル、鉄分、カルシウム、21種類の野菜、ツバメの巣やヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなどの6種類の美容成分が含まれていますので、妊娠中、産後、授乳中に必要な栄養素をしっかり摂取できるだけでなく、おろそかになりがちな美容面でのケアも同時に行うことができます。

    葉酸サプリに美容成分なんて必要ない、という人もいますが、逆に一度に葉酸・各種栄養素・美容成分を摂取できるのが嬉しい!という人もいます。ここはサプリに何を求めるかで人によって答えが違ってきそうですね。

    27種類のビタミン・ミネラルを配合

    ベルタ葉酸では、実に27種類のビタミン、ミネラルが配合されています。ビタミンは体の機能維持には勿論のこと、美容面に対する影響力の大きい成分です。一方のミネラルは、乱れがちな体の働きを整えてくれる作用を期待することができます。そのためビタミン、ミネラルは体に欠かせない成分なのですが、実はそのほとんどは体では作り出すことができないものです。

    つまり、外側から摂取する必要があると言うわけです。またビタミンはミネラルが不足していると十分に働くことができないため、このふたつは同時に摂取する必要があります。ただしビタミンには過剰に摂取し過ぎると体に対して負担になるものもあります。しかしこの点も、ベルタ葉酸はしっかりとクリアしています。

    ロングセラーゆえのネガティブな口コミも・・・

    ネットの口コミを探していると、ベルタ葉酸のネガティブな口コミを見つけることがあります。どんな内容の不満が多いかというと、次のようなものが多かったです。

    ・錠剤が鉄臭い、または原材料の匂いが残っている用に感じる
    ・無添加って書いてあるけど実際は添加物入っている
    ・定期縛りがきつく、どんなことがあっても途中解約を認めてくれない

    匂いについては、我が家で実際に試した時には特に気にならないレベルでした。(もっと原材料臭いサプリもあります)

    添加物については、確かに公式ページには着色料無添加と書いているにも関わらず、原材料には着色料(βカロテン)と書いています。添加物については後述します。

    定期縛りについては、確かに途中解約は絶対に認めてくれないようです。ネットの口コミを見ると、体に合わないからとか、もう妊娠、または出産したので解約したいと言っても最低6ヶ月立たないと解約を認めてくれないようですね。

    ベルタ葉酸は葉酸サプリの中でも安くない価格なので、6ヶ月以上続ける自身が無い場合は単品購入してい試してみるか、他の解約縛りのない葉酸サプリを選んだほうが、後々後悔が少ないと思います。

    ベルタのサポートは評判が悪い!?

    定期コースと同じくらい批判的な口コミが多いのはサポートの対応です。

    でもマミーニ運営者の我が家が解約の依頼をした時には、(無事子供が生まれたので)お祝いの言葉とともに、すんなり解約手続きしてくれました。

    参考までに、以下は解約依頼をした時のメール文面です。

    ■お問い合わせの内容
    ベルタ葉酸サプリの定期購入解約のお願いです。
    おかげ様で、妻が無事二人目を妊娠、来月出産を迎えることができました!
    現時点で何本かストックがあり、出産後の分も足りておりますので解約をさせていた
    だきたいと考えております。
    つきましてはお手続きのほどよろしくお願いします。
    本当にお世話になりました、妻もベルタ葉酸には絶大な信頼を寄せておりました。

    そしてベルタサポートセンターから返ってきた返信メールの内容がこちら。

    mmn-belta-yousan-018

    特に時間もかからず、引き止められることもありませんでした。

    ベルタ葉酸の原材料一覧

    mmn-belta-yousan-010
    食品(原料) 乾燥酵母、葉酸含有酵母、もろみ酢粉末、燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理 燕窩)、ミネラルイースト、ヨウ素含有酵母、フィッシュコラーゲン(ゼラチン)、馬プラセンタエキス末、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(紫芋)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん
    成分 クエン酸、ビタミンB6、ビオチン、ビタミンC、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12
    添加物 貝殻未焼成カルシウム、セルロース、クエン酸鉄Na、ステアリン酸Ca、サンゴカルシウム、着色料(β-カロテン)

    気になる添加物はある?

    いずれの添加物も広く一般的に使用されているもので、安全性に問題はありません。ただ、「ベルタ葉酸は完全無添加」だと誤解している人も多いようです。 

    ベルタ葉酸にも添加物は含まれています。例えばセルロースは、サプリの錠剤の形が崩れないようにするための原料で、分類上「既存添加物」に指定されているものです。セルロースは、医薬品添加物として広く用いられているものなので、安全性問題はありません。

    また、着色料も無添加と公式ページには書いている(※)のですが、原材料には「着色料(βカロテン)」と書かれています。このβカロテンは、人参のオレンジ色の元となっている成分で、添加物というよりは栄養素なので安全性には全く問題ないです。その他の貝殻未焼成カルシウムなども栄養強化剤としての添加物なので、何となく「添加物」という言葉に対して抱いているイメージとは異なるものです。

    ※公式サイトには「香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防カビ剤・膨張剤・苦味料・光沢剤が無添加」と書かれています。

    このように、ベルタ葉酸には添加物はいくつか含まれているので、「ベルタ葉酸は無添加」というわけではありません。でも安全性の心配のある成分は含まれていません。

    酵母葉酸のところでも言及しましたが、なるべく安心・安全をアピールするためのイメージ戦略なのではないかと思います。「添加物=全て悪い」と勘違いしている方は多いですから。

    個人的には、「添加物は入っているけど問題ないものばかりなんですよ」と説明してくれたほうが、信頼感が増すと思うのですが、ユーザーにはいろんな人がいて、イメージ先行で選ぶ人も多いのでこういうアピールの仕方になっているのかな、と思いました。

    ページ下部に全原材料の解説があります↓

    ベルタ葉酸の成分一覧

    mmn-belta-yousan-011
    成分名 配合量 不足カバー率 過剰摂取リスク
    ビタミンB6(mg) 4
    (100%以上)
    なし
    葉酸(μg) 400
    (100%以上)
    なし
    鉄(mg) 16
    (100%以上)
    なし
    カルシウム(mg) 232
    (98%)
    なし
    ビタミンA(μg) 18
    (9%)
    なし
    ビタミンE(mg) 0.06
    (91%)
    なし

    ※ラベル表示にないものはWEBサイト上もしくはメーカーに問い合わせて確認しています。また、エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムは通常不足することはないため省略しています。

    当サイトで調査した、20代〜40代女性が不足しがちな栄養素のうち、ビタミンB6(不足率7位)、鉄(不足率6位)、カルシウム(不足率1位)、ビタミンA(不足率2位)が含まれています。

    ビタミンB6は、葉酸の吸収率を上げてくれる成分ですので、最適な組み合わせと言えるでしょう。

    算出に使用したデータはこちら

    ベルタ葉酸の安全性は?

    放射能濃度検査、残留農薬検査のほか、菌検査など18項目以上のチェック工程を経て出荷されています。また、食品工場以上に基準が厳しい、医薬品製造のGMPに適合認定されている工場で製造されています。

    これらはサプリメントの製造工場としては最も安全性が高い部類になります。

    製造元の会社ってどんな会社?

    ベルタ葉酸の製造会社は、株式会社ビーボで、設立は2010年です。これは妊活サプリのプレグルCB-1を製造するゲンナイ製薬株式会社と同じくらい若い会社です。株式会社ビーボの主力ブランドは「BELTA」で、葉酸のほかベルタ酵素が有名です。

    こんなに若い会社で品質的に大丈夫?と心配になるかもしれませんが、実際に製造する工場は先程述べたように品質管理の厳重な工場で作っているので安全面の心配はないでしょう。

    むしろ、ベンチャー企業ならではのスピード感、今の時代に求められているニーズを敏感に感じ取って商品化していく勢いを感じます。ちなみに社長の武川氏はベンチャー通信が選出するベストベンチャー企業100に選ばれています。

    ベルタ葉酸の口コミ・評判

    36歳女性、2人目の時(妊活期間:6ヶ月)

    1人目はすぐに授かれたので2人目もと思っていましたがなかなか授かれず、妊活用に体質を改善できればと思い、5ヶ月を過ぎてからベルタ葉酸の利用を始めました。無添加で安全な成分というのが、一番の決め手となりました。
    飲み始めて1ヶ月後に妊娠することができ、妊婦健診では胎盤の状態がとてもよいと言ってもらうことができました。また、第一子の時には鉄分不足により貧血に悩まされていましたが、今回は貧血になることもなく、楽しいマタニティライフをおくることができています。

    35歳女性、2人目の時(妊活期間:5ヶ月)

    二人目が欲しいと思った時に葉酸サプリ探しをしました。とにかく安心安全なものが良かったので、ベルタ葉酸が無添加ということと、鉄分とカルシウムが一緒に摂取できるということで選びました。
    大きさもちょうどよく、無理なく飲めるサイズがとても手ごろで良かったです。
    妊娠出産に向けて必要になる栄養素の他に、プラセンタやコラーゲンなどの美肌成分が配合されているということで、妊活中・妊娠中でもしっかりと美肌ケア出来るところがさすが、と思いました。

    27歳女性、2人目の時(妊活期間:10ヶ月)

    なかなかできず、ネットで検索をしていたらベルタ葉酸がいいと書いてあり本当かどうか半信半疑で試してみました。妊活にすごく効き目があるようで嬉しいです。確かに素晴らしい成分もあり体にも悪くなく優しいので安心をして飲むところがよいです。おかげで可愛い子を授かりました。この情報と出会わなかったらドン底にいたはずです。ほんとうにうれしくて同じ悩みの友人にもアドバイスをしてあげました。彼女にもいい日が来ますように。

    ※個人の感想で、効果を保証するものではありません。

    ベルタ葉酸を実際に購入してみました!

    mmn-belta-yousan-002

    箱ティッシュは大きさ比較用です。ベルタ葉酸は梱包がシンプルな袋ケースです。ダンボールと違ってクッション材と外装を同じ種類のゴミとして扱えるので、処分が楽なんです。

    mmn-belta-yousan-004
    mmn-belta-yousan-013
    mmn-belta-yousan-015
    mmn-belta-yousan-016

    粒の大きさは、葉酸サプリの中でも小さいほうです。「鉄臭い、原材料の匂いがする」などの口コミも見かけましたが気になるほどの匂いではありませんでした。

    商品情報まとめ

    主要成分 葉酸、鉄、美容成分(黒酢もろみ、ヒアルロン酸、ツバメの巣、プラセンタ、コラーゲン、珊瑚カルシウム)
    初回価格(通常) 5,980円 初回価格(割引後) 3,980円
    月額平均(※) 3,980円 1日あたり(※) 133円
    におい・味 無臭 大きさ(mm) -
    GMP ○(医薬品GMP認定) 放射線検査
    返金保証 なし 定期コースの継続条件 6ヶ月
    定期コースの種類 毎月1本コース
    夫婦用定期コース(男性用は女性用の半分の量)

    (※)金額はすべて税込です。月額平均は、6ヶ月継続した場合における、割引適用後の金額です。1日あたりの金額は、上記月額平均を元に日割り計算して算出しています。

     

    補足情報

    全原材料解説

    乾燥酵母

    分類:食品
    概要:
    ドライイーストとも呼ばれ、酵母を乾燥させてい粉末にしたものです。ビタミンBやたんぱく質を補給する目的で薬にも配合されます。

    葉酸含有酵母

    分類:食品
    概要:
    葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)を酵母に含ませ、より吸収効率を向上させた原料です。

    もろみ酢粉末

    分類:食品
    概要:
    もろみ酢にはアミノ酸とクエン酸が豊富に含まれており、それを粉末化したものです。もろみ酢には黒酢の数倍、米酢の数十倍のクエン酸が含まれていると言われています。

    燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理 燕窩)

    分類:食品
    概要:
    燕(つばめ)の巣は中華料理で高級食材として珍重されています。美肌効果や免疫力アップ効果などが期待されています。

    ミネラルイースト

    分類:食品
    概要:
    ミネラルを含んだイーストです。ミネラル酵母とも言われ、酵母培養時に亜鉛やマンガンなどのミネラルを公募に取り込ませることで、ミネラルを含んだ酵母になります。ミネラルをより安全に摂取できるようになります。

    ヨウ素

    別表記:ヨウ素含有酵母
    分類:成分
    概要:
    ヨウ素(ヨード)は甲状腺ホルモンを作る成分です。欠乏しても過剰摂取しても甲状腺腫が起こり甲状腺機能障害が起きます。日本人は欠乏するケースはまれで、むしろ過剰摂取を気にしたほうがよいです。

    フィッシュコラーゲン(ゼラチン)

    分類:食品
    概要:
    魚由来のコラーゲンです。びはだ美肌コラーゲンは

    馬プラセンタエキス末

    分類:食品
    概要:
    プラセンタとは胎盤のことで、胎児の成長に必要な栄養素がバランスよく含まれています。

    大麦若葉

    分類:食品
    概要:
    青汁にもよく使用されている、栄養価の高いイネ科の植物です。冷え性の改善、疲労回復、肌荒れ予防、精神を落ち着かせる効果などがあります。

    ケール

    分類:食品
    概要:
    ケールは青汁の原材料としてよく使われています。栄養価が高く、葉酸を始め多くのビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。また、睡眠の質が良くなると言われるメラトニンも含まれています。

    ブロッコリー

    分類:食品
    概要:
    ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、鉄分や亜鉛などのミネラルを豊富に含んでいます。

    キャベツ

    分類:食品
    概要:
    キャベツにはビタミンCやミネラルを含んでいます。また、「キャベジン」の名で知られるビタミンUは、い胃腸の粘膜を健康に保つ働きがあり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防に効果的です。

    大根葉

    分類:食品
    概要:
    大根の葉にはβカロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどが多く含まれています。

    かぼちゃ

    分類:食品
    概要:
    βカロテン、ビタミン類を多く含む緑黄色野菜です。

    さつまいも(紫芋)

    分類:食品
    概要:
    中身が紫色をしている紫芋は、抗酸化作用があるアントシアニン(ポリフェノールの一種)を豊富に含んでいます。

    チンゲン菜

    分類:食品
    概要:
    βカロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどが多く含まれています。βカロテンは、体内でビタミンAに代わります。ビタミンAは、レバーなどの動物性食品から摂取した場合は肝臓に貯蔵されるため、とりすぎると過剰症状の恐れがありますが、植物から摂取した場合は足りなくなった時にビタミンAに変わるので過剰摂取の心配は低いと言えます。

    パセリ

    別表記:パセリ抽出物
    分類:食品
    概要:
    料理の脇役と思われがちなパセリですが、実は栄養価に富んでいます。ただ、子宮収縮作用があるため妊娠初期はなるべく避けたほうがよいと言われています。

    人参

    別表記:人参抽出物
    分類:食品
    概要:
    カロテン、カリウムを多く含みます。カロテンは抗酸化作用が、カリウムには血圧を安定させる作用があります。

    セロリ

    分類:食品
    概要:
    セロリには葉酸、ビタミンCなどビタミン・ミネラルが豊富で、血液の流れをよくする働きがあります。また昔は「心を落ち着かせる」働きがあるとして、薬草としても使われていました。

    苦瓜

    分類:食品
    概要:
    苦瓜(にがうり)はゴーヤとも呼ばれ、特に沖縄で良く食されています。疲労回復、美肌効果などがあります。

    ほうれん草

    分類:食品
    概要:
    ビタミン・ミネラルを豊富に含む緑黄色野菜です。妊娠中の女性に必須の葉酸も多く含まれています。

    桑の葉

    分類:食品
    概要:
    カルシウムや鉄分を多く含み、漢方薬に用いられるほか、桑の葉茶として飲まれるのが一般的です。便秘改善、滋養強壮、ダイエット効果などが期待されます。

    モロヘイヤ

    分類:食品
    概要:
    高い栄養価があり「王様の野菜」と呼ばれています。特にβカロテン、カルシウムが多く含まれています。疲労回復、アンチエイジング、貧血、めまいの改善などに役立つと言われています。

    よもぎ

    分類:食品
    概要:
    よもぎは「東洋のハーブ」と呼ばれ、飲んだり食べたり香りをかいだりと、古くから万能な薬草として用いられてきました。また月経痛や冷え性など、女性の悩みにも効くとも言われています。

    白菜

    分類:食品
    概要:
    白菜などの淡色野菜は栄養価が低いと言われますが、それでもビタミンCや鉄、マグネシウム、カリウムなどのミネラルをバランスよく含んでいます。

    アスパラガス

    分類:食品
    概要:
    葉酸やビタミン・ミネラルを多く含んでいます。また疲労回復にはたらくアスパラギン酸や毛細血管を丈夫にするルチンが含まれます。

    トマト

    分類:食品
    概要:
    トマトの赤色の元であるリコピンは、活性酸素を減らす働きがあると言われています。また妊娠中の場合、赤ちゃんの免疫力アップにも効果があるとされています。

    野沢菜

    分類:食品
    概要:
    ビタミンCやβカロテンが多く含まれています。またマグネシウムや鉄、亜鉛などのミネラルも含まれています。

    れんこん

    分類:食品
    概要:
    れんこんには身体を温める働きのあるデンプン、ビタミンCなどのビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

    貝殻未焼成カルシウム

    分類:添加物
    概要:
    貝殻を粉末にしたものです。主成分である炭酸カルシウムは錠剤の基材やベビーパウダー、歯磨き粉などに用いられます。

    セルロース

    別表記:セルロース・・・ベルタ葉酸、エーエフシー葉酸、DHCマカ、はぐくみの恵み / HPC(ヒドロキシプロピルセルロース)・・・エーエフシー葉酸 / 海藻セルロース・・・美的ヌーボ
     / 結晶セルロース・・・kodakara、ベジママ
    分類:添加物(賦形剤)
    概要:
    サプリの錠剤の形が崩れないようにするために用いられ、医薬品添加物として広く用いられています。

    クエン酸鉄Na

    別表記:クエン酸第一鉄ナトリウム
    分類:添加物(栄養強化剤)
    概要:
    鉄分を補給する薬にも配合される成分です。

    ステアリン酸Ca

    分類:添加物(滑沢剤、コーティング剤、乳化剤)
    概要:
    主にサプリメント製造時、錠剤が機械から離れやすくするために使われます。

    クエン酸

    分類:成分
    概要:
    爽やかな酸味が特徴で、体内でエネルギーを生み、疲労回復にも働きます。その他血流改善、免疫力アップなどの働きもあります。

    ビタミンB6

    別表記:V.B6
    分類:成分
    概要:
    貧血や肌荒れを防ぐ水溶性のビタミンです。また妊娠中のつわりを軽減したり、月経前症候群(PMS)の症状を軽減するとして期待されています。

    ビオチン

    分類:成分
    概要:
    皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素で、栄養機能食品のひとつです。

    サンゴカルシウム

    分類:添加物(栄養強化剤)
    概要:
    厚生労働省の指定添加物に指定されていますが、添加物としてではなくカルシウムやミネラルが豊富なため、アメリカではカルシウム摂取を目的としたサプリメントの原料に使われることもあります。

    着色料(β-カロテン)

    分類:添加物(着色料、栄養強化剤)
    概要:
    βカロテンは、体内でビタミンAに変換されるため栄養強化剤として用いられることもあるほか、着色料としても用いられます。

    ビタミンC

    別表記:V.C
    分類:成分
    概要:
    抗酸化作用があるとして有名なビタミンです。ビタミンCはストレスや喫煙で大量に消費されるため、該当する人は不足しやすくなります。

    ヒアルロン酸

    分類:成分
    概要:
    ヒアルロン酸は保湿成分として化粧品に配合されていたり、関節の動きを良くしたり肌のシワを取るために直接注射したりします。一方、直接飲んだり食べたりした場合は体内で吸収される時に一度分解されるため、経口摂取による効果はあまりないと言われています。

    ビタミンE

    別表記:V.E
    分類:成分
    概要:
    生体膜に存在していて、酸化防止剤としての働きがあります。

    ナイアシン

    分類:成分
    概要:
    ビタミンB群のひとつで、水溶性のビタミンです。体内で糖質などからエネルギーを作り出すのを助ける働きがあります。

    パントテン酸

    別表記:パントテン酸カルシウム / パントテン酸Ca
    分類:成分
    概要:
    ビタミンB5とも呼ばれ、エネルギーの代謝を助ける補酵素の一つです。皮膚を正常に保ったり、性ホルモンの生成に関与したりしています。パントテン酸Ca(カルシウム)の働きや効果は、パントテン酸とほぼ同じです。名前にカルシウムとあっても含有量はわずかで、カルシウムを補給する目的としての効果はほぼありません。

    ビタミンB1

    別表記:V.B1
    分類:成分
    概要:
    糖質がエネルギーになる時に重要な役割を果たします。不足すると疲れやすくなり、イライラや集中力低下が見られるようになります。

    ビタミンB2

    別表記:V.B2
    分類:成分
    概要:
    乳製品に多く含まれるビタミンで、エネルギー代謝において重要な役割を果たしています。不足するとニキビや肌荒れ、口内炎などのトラブルが発生します。

    ビタミンA

    分類:成分
    概要:
    皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。妊娠中に過剰摂取すると胎児の奇形につながると言われています。妊娠中は摂り過ぎないよう注意しましょう。

    葉酸

    分類:成分
    概要:
    ビタミンB群の一種で、新しい赤血球を作るために欠かせない成分です。厚生労働省では、胎児の神経管閉鎖障害リスク軽減のために妊娠を計画している女性はサプリ等から1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

    ビタミンD3

    分類:成分
    概要:
    ビタミンDにはきのこ類に含まれるD2と動物性のD3があります。どのビタミンDも肝臓と腎臓を経て活性型のビタミンDに代わり、体内で作用を発揮します。

    ビタミンB12

    別表記:V.B12
    分類:成分
    概要:
    葉酸と共に造血作用に関わりのあるビタミンで、どちらか一つでも欠けると正常な赤血球が作られません。動物性食品によく含まれているため、ベジタリアンの人は不足しやすいと言われています。

    不足カバー率、過剰摂取リスクの算出元データ

    厚生労働省の資料を元に算出しています。

    成分名 推奨摂取量 平均摂取量 不足量 耐用上限量 不足カバー率
    ビタミンB6(mg) 1.20 0.91 0.29 45.00 1379%
    葉酸(μg) 640.00 239.00 401.00 950.00 100%
    鉄(mg) 8.75 6.47 2.28 40.00 702%
    カルシウム(mg) 650.00 413.00 237.00 2500.00 98%
    ビタミンA(μg) 650.00 443.33 206.67 2700.00 9%
    ビタミンE(mg) 6.00 5.93 0.07 675.00 91%

     

    The following two tabs change content below.

    Oga

    マミーニ運営者。妻が二人目妊娠の時に、2回流産を経験したことがきっかけで、妊活・妊娠に関する情報を調べ始める。そして自分がいかに無知であったかを知って打ちのめされるも、学んだことを自分なりに整理したいと思いサイトを立ち上げる。家庭内の序列は妻>子供>犬>わたくし。長年不動の地位をキープしている。

    -妊活サプリ, 葉酸サプリ

    Copyright© マミーニ , 2020 All Rights Reserved.