妊活サプリ 葉酸サプリ

妊活サプリと葉酸サプリの違いは?それは”誰のために飲むのか?”の違い

投稿日:

mmn-title-02-005

子どもが欲しい!と思って色々調べていると、妊活サプリや葉酸サプリの情報を目にすることがあると思います。でも妊娠が初めての方にとって、いったい何がどう違うのか、いまいち分からなかったりしますよね。

また、妊娠前から葉酸サプリを飲んだほうがいいと聞いて飲んでいるけどなかなか授からなくて、葉酸だけではダメなの・・?と少し不安になってき始めている方もいると思います。

この記事では、そんな方向けに妊活サプリと葉酸サプリの違いを分かりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

まずは目的の違いを知ろう

mmn-contents-001

妊活サプリと葉酸サプリの一番の違いは何かというと、"誰のために飲むのか?"という点になります。

妊活サプリは、これから妊娠されるご自身やパートナーの旦那さんが、今よりも子どもが授かりやすい体質に近づくためのサプリです。

そのため、半年から1年以上夫婦で仲良ししてるけど授からないといった時に初めて購入を検討すべきものです。

一方、葉酸サプリはいざ妊娠した際に産まれてくる赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減させることを目的としています。つまり、葉酸サプリの場合は妊娠すること前提としているところがあるんですね。

葉酸自体には、体質改善され妊娠しやすくなるような働きはありません。厚生労働省が摂取を推奨している理由はあくまでも産まれてくる赤ちゃんの健康のためです。

ただ一説には葉酸は子宮内膜を厚くし着床(受精卵が子宮内膜にくっつくこと)しやすくするという話もあるので、全く妊娠力アップに役に立たないわけでもなさそうです。

・妊活サプリは自分(と配偶者)のため
・葉酸サプリは赤ちゃんのため

この違いを理解するだけでも、自分はどちらのサプリを選べばよいかだいぶ判断しやすくなると思います。

いつからいつまで飲むもの?

mmn-contents-005

妊活サプリは妊娠確定まで

妊活サプリは基本的に妊娠前に飲むものであり、めでたく妊娠したらなるべく葉酸サプリに切り替えたほうがよいです。

また葉酸が含まれていないものも多く、また妊娠後は不要な成分もあるので同じ金額をサプリに出費するなら赤ちゃんのために葉酸サプリに切り替えましょう。

葉酸サプリは出産後も摂りたい

葉酸は時期によって、普段の食事以外にサプリから摂取したほうがよいとされている量が変わってきます。具体的な摂取量は以下のとおりです。

・妊娠前〜妊娠初期(2〜4ヶ月)
 →400μg/日
・妊娠中期〜妊娠後期(5〜10ヶ月)
 →200μg/日
・出産後(授乳中)
 →100μg/日

算出方法によっては数値が上下します(例えば妊娠中期〜後期にかけては250μg/日摂取すべき、など)上記数字は、食事から250μg前後摂取すると仮定して算出しています。

「赤ちゃんの先天性異常を防ぐのが目的なのに、出産後も必要なの?」と疑問に思うかもしれません。

実は葉酸には他にも、出産後の母体回復や母乳が出やすくなるなどの働きもあるんです。そのため授乳期間中も(量は減りますが)引き続き摂取することが大事になります。

ほとんどの方は妊娠前〜妊娠初期に選んだ葉酸サプリをそのまま継続して飲み続けると思います。すると、妊娠中期以降の摂取量は摂り過ぎになってしまわないかが気になってきます。でも実際はあまり心配する必要はありません。

なぜなら、葉酸の1日あたりの摂取上限量は20代で900μg、30代で1,000μgと言われているので、食事から摂取する量を加味しても上限を超えることはほとんどないからです。

過剰摂取を避けるためよりも、節約のために妊娠中期以降は飲む量を減らす(例えば一日4粒を2粒に減らす、など)とよいです。

どんな成分が配合されているの?

mamini-20160505-01-supplement

妊活サプリは「マカ」が人気

定番かつ人気のある成分は「マカ」です。マカというと、男性の精力アップのために飲むものというイメージが強いのですが、男性だけでなく女性にとってもマカはメリットがあるんです。

人気の理由は、女性のホルモンバランスを整える効果があるためです。

その結果、月経不順も改善されたり冷え性改善(冷えは不妊の原因になります)など体質改善につながることによって、妊娠しやすい体質に近づくのです。

その他、妊娠力をアップさせるためのアプローチ方法の違いによって次のような成分を配合しているものがあります。

  • 亜鉛
  • 葉酸と一緒に摂取すると◎。医師に処方されることも。

  • ピニトール
  • 不妊の原因の一つであるPCOSの改善効果。

  • 還元型コエンザイムQ10
  • 卵子が老化する一因のミトコンドリアを活性化。

葉酸サプリは葉酸以外の栄養素のバランスがカギ

葉酸サプリには当然、葉酸が配合されているわけですが、注意したいのはその配合量と、いかに体内への吸収しやすさです。

「葉酸サプリ」として販売されている商品も、メーカーによって配合量や葉酸以外の配合栄養素は全然違っています。

妊娠を考えている女性がサプリから摂取することを推奨されている葉酸の量は
1日400μgです。

ですが、葉酸だけを摂取しても体内へ効率よく吸収されません。葉酸に限らず栄養成分というのは、単体で摂取するよりも組み合わせて摂取したほうが効率よく体内に取り込まれます。

葉酸の場合、相性が良い成分がビタミンB12です。葉酸の吸収効率を高めてくれるので葉酸サプリを選ぶうえでビタミンB12が配合されているかが重要なポイントになります。

その他、妊娠女性向けに作られているサプリの場合、妊娠中の栄養不足を補うためにビタミン・ミネラルなどを配合しているものが多いです。特に鉄分やカルシウムは不足しがちなので、これらが配合されていることが多いです。

価格帯の違いは?妊活サプリのほうが高い傾向に

マミーニで検証した10種類の妊活・葉酸サプリの価格帯イメージをグラフにしてみました。

mmn-contents-004

傾向として、妊活サプリほうが葉酸サプリより価格帯が高く、6ヶ月継続した場合の月額平均で比較すると次のようになります。

妊活サプリ:約5,000円〜16,000円
葉酸サプリ:約1,500円〜7,000円

なぜ妊活サプリが高くなりがちかというと、それぞれ専門性の高い独自成分を配合しているためです。

まとめ

最後に、妊活サプリと葉酸サプリの違いとそれぞれの特徴をおさらいしておきましょう。

  • 妊活サプリは自分(と配偶者)のため
  • 葉酸サプリは赤ちゃんのため
  • 妊活サプリの一番人気成分はマカ
  • 葉酸はビタミンB12と同時摂取が大切
  • 価格は妊活サプリのほうが高め
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ステキな赤ちゃんが、
あなたのもとに授かりますように

そして、元気に産まれてきますように

               マミーニ

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
The following two tabs change content below.

Oga

マミーニ運営者。妻が二人目妊娠の時に、2回流産を経験したことがきっかけで、妊活・妊娠に関する情報を調べ始める。そして自分がいかに無知であったかを知って打ちのめされるも、学んだことを自分なりに整理したいと思いサイトを立ち上げる。家庭内の序列は妻>子供>犬>わたくし。長年不動の地位をキープしている。

-妊活サプリ, 葉酸サプリ

Copyright© マミーニ , 2020 All Rights Reserved.