妊活

妊活中に!妊娠・出産に関する映画やドラマ18選

更新日:

妊活中や出産を控えた時期に観たい、妊娠や出産に関する映画やドラマを18作品ご紹介します。

その日の気分や体調に合ったものを選べるように、コメディタッチの軽いものから、命の大切さを改めて教えてくれるような感動作など、様々なテイストの作品をピックアップしました。中には社会派ドラマのようなシリアスな作品もあり、いずれも見ごたえのある作品なのですがちょっとナーバスな気持ちになってしまうかもしれないのでご注意を。

明るくポイティブな気持ちになりたいならこれ

まずは、元気になれるコメディ系の作品からご紹介します!

ベイビー・トーク

『サタデー・ナイト・フィーバー』のジョン・トラボルタが主演の映画。そして赤ちゃんの声はなんと『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリス^^吹替え版は所ジョージが担当しています。喋れない赤ちゃんの本音をコミカルでユーモア溢れる表現で語る、可愛らしさとのギャップが面白いです。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

不倫の末、未婚の母となったニューヨークのワーキング・ウーマン、モリー。
彼女は生まれたマイキーの将来のためにも立派な父親が必要と考え、理想の父親を探し続ける毎日。
そこへ能天気でお人好しのタクシー運転手、ジェームズが現れ、マイキーの世話を引き受ける。
デートで大忙しの彼女をよそに、陽気なベビーシッター、ジェームズとわんぱくマイキーはすっかり意気投合して…。

カレには言えない私のケイカク

ジェニファー・ロペス主演のラブコメディ。夫も彼氏もいないけど赤ちゃんがどうしても欲しい!だから人工授精してシングルマザーとしての道を決意したとたん、運命の男性と出会うという物語。男性もまさか出会った女性が既に人工授精に成功し赤ちゃんを身ごもっているなど知らず戸惑いを隠せない。。男性はただでさえ(自分の子供でさえ)、妊娠・出産に対しては鈍感でおどおどしっぱなしです。この映画はラブコメディですが、血のつながっていない赤ちゃんを育てる覚悟や葛藤がリアルに描かれています。そのためパートナーの男性にもおすすめしたい作品です。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

赤ちゃんが欲しいのに恋人もいないゾーイ(ジェニファー・ロペス)。シングルマザーになる決意を固め、
人工受精に挑むが、その帰り道に運命の男性スタン(アレックス・オロックリン)と出会ってしまった! 
しかも人工授精も成功し、ママになる夢がついに叶うことに。一方、突然すぎる展開でパパになるなんて想定外のスタン。
運命のイタズラで“順番通り”に進まない二人の愛に危険信号が…。
私生活でも双子の母であるジェニファー・ロペスが、シングルウーマンの理想とホンネをコミカルかつセクシーに好演!

ジュニア

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画。あのシュワちゃんが、男性なのに妊娠してしまうという奇想天外な設定で始まる映画です。もう、この設定だけで俄然期待値があがってしまいますね。まぁ、”出オチしてる”という評価もありますが(苦笑)シュワちゃんというと『ターミネーター』シリーズがあまりにも有名で、元々ボディビルダーということもありマッチョな役柄のイメージですが、コミカルな演技も非常に定評があります。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

『ツインズ』のスタッフ&キャストが贈るハートフルコメディ。妊娠促進薬を開発した科学者のアレックスとラリーは、人体実験を目前に中止を命じられてしまう。そこでアレックスは自ら人体実験を試みることに。

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた

ラストがとても痛快!という口コミが多い作品。また、ジェナが作るパイがとても美味しそうで、思わずパイが食べたくなってしまう映画です。産婦人科の先生と恋に落ちてしまう一方、子供が生まれると女性はこうも強くなれるんだなということを感じさせてくれる作品です。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

ジェナは片田舎の小さなカフェで働くウェイトレス。素敵な出逢いに心がときめいたり、辛い現実に心が乱れたときに、自分の気持ちを込めたオリジナル・レシピでパイを焼き、食べる人を優しく温かな気持ちにさせる才能を持っている。ところが、嫉妬深い夫アールのせいで、人生失敗続き。家とカフェを往復するだけの人生を送っていた。密かに家出計画を進行させていたある日、予想外の妊娠が判明する。絶望と困惑に駆られるジェナの前に現れたのは、産婦人科医のポマター先生。挨拶がわりにと持参したマシュマロパイが、ふたりの心を急接近させてしまい……。

ハラがコレなんで

仲里依紗が演じる”粋な”女性、光子が主人公の映画。妊娠9ヶ月の時に夫と分かれ、シングルマザーを余儀なくされるも、”粋”に生きることにこだわるエネルギッシュな姿が魅力の作品です。義理人情に厚い光子は、お金もなく先行き不安な状態でもドーンとかまえて他人の幸せのために頑張ります。その痛快さが好き!という評判の一方で、実際に妊娠中の女性からはあまりに自分のお腹の赤ちゃんのこと考えてなさすぎ、計画性なさすぎでイラッとする!などの意見も。賛否両論わかれる作品で、それだけに自分が赤ちゃんに対して、また妊娠に対してどういう感情を持っているのかを再確認するにはいいかもしれません。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

この世で一番大事なのは、"粋"に生きること。失くしちゃいけないのは、"義理と人情"。それが原光子の生き方だ。妊娠9ヶ月でお腹の子供の父親とは別れ、金もなければ家もない。
そんな限界な状況でも、光子はどーんと構えていた。流れる雲を追いかけて、子供の頃に暮らしていた長屋にたどり着く光子。時が止まったままの長屋には、優しすぎて不器用にしか生きられない人々が肩を落として生きていた。「OK、大丈夫。私がなんとかする! 」誰よりも困っているはずの光子が立ち上がる!

あなたのために

17歳のシングルマザーを演じるナタリー・ポートマン主演の映画。ナタリー・ポートマンといえば『レオン』や『スターウォーズ』などが代表作ですが、アマゾンの口コミでは「地味だけどナタリー・ポートマンの作品の中で一番すき!」というコメントもありました。妊娠発覚後に恋人と旅行に出かけるも、旅の途中で立ち寄ったスーパーマーケットで置き去りに。。。それでも悲観にくれることなくなんとそのスーパーに住みついてしまいます。何ともたくましいですね。17歳という若さゆえにハラハラさせられる行動もありますが、出産し母親として子育てをしていくうちに、力強く成長していきます。視聴後の後味の良い爽やかな気持ちになれ、何度も繰り返して観れてしまうほど飽きのこない映画です。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

ラブラブ旅行中、突然カレシに捨てられて見知らぬ町に置き去りにされちゃった17歳のシングルマザー、ノヴァリー。お金もない彼女は、それならと閉店後のスーパーに住み付いて、出産までしてしまった! “もう男はこりごり"と子供と二人だけのシアワセな生活を夢に見る彼女。一方、親友レクシーは男運がなく、父親の違う4人の子供を育てているシングルマザー。だが、それでも“恋がしたい"気持ちはあって……。そんな二人のシアワセ探しに答えは見つかるのだろうか……?

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

『ブリジット・ジョーンズ』シリーズ3作目の本作では、レニー・ゼルウィガー演じるブリジットが43歳にして結婚&妊娠するというストーリーです。高齢出産となる女性の方なら共感する部分も多いのではないでしょうか。ブリジットの天然ぶりは本作でも発揮されていて、とてもキュートです♪もしシリーズ作品を観たことがない方はぜひ1作目から通して観ることをおすすめします。また、ストーリーを盛り立ててくれるサウンドトラックもセンスが良く素敵です!

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

TVプロデューサーとして成功したブリジットは、今43歳。
彼女が愛した男はといえば、ダニエルは事故で亡くなり、弁護士マークは別の女性と結婚してしまっていた。
そんなブリジットにハンサムでリッチ、性格もナイスなIT系実業家ジャックとのドラマチックな出会いが訪れる。
いつもの天然っぷりから彼と急接近する一方で、マークとも再会を果たすブリジット。
またしても2人の男性にとの間で揺れ動くことに…。2人のイケメン男性どちらを選ぶのか?今度こそ結婚?

9ヶ月

『ホームアローン』の監督であるクリス・コロンバスが手がける、心温まるコメディ映画。主演はヒュー・グラント。ラブコメ作品に数多く出演しています。出産シーンが面白可笑しくて笑える!という意見と、逆にドタバタ感がくどくて不快になる、、、と賛否両論ありますが、妊娠が発覚してから出産を迎えるまで、男女それぞれの心の変化をよく描いているのでパートナーと一緒に観るのもおすすめです。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

付き合いはじめて5年目のサミュエルとレベッカ。お互いの自由を尊重し合える最高のパートナーとしてイチャイチャ、アツアツの毎日、それはまさに理想のライフスタイルだった。しかし、そんな生活を震撼させる一大事が起こる! そう、それは……避妊に失敗すること! 小児精神科医であり、子供の心理を知り尽くしているサミュエルは子供などうんざり、欲しいと思ったこともなかったのだ。だが、レベッカの母になる決心はかたい。出産前の9ヶ月間にわたって愛の試練にたたされる二人だが……。

三年身籠る

オセロの中島知子主演の映画。コメディタッチというよりはハートウォーミング系ヒューマンドラマに近いです。中島知子といえば、2013年に洗脳問題が大きく報じられましたね。本作と関係ないのですがその後どうなったかというと、実は洗脳報道はマスメディアに対し報道内容は事実と異なり名誉毀損されたと裁判を起こし、全て勝訴しているんだそうです。メディアの報道って怖いですね。。。話がそれてしまいましたが、本作のみどころは通常十月十日で産まれてくるはずの子供が一向に産まれず、27ヶ月経っても産まれてこないという設定の物語。実際に出産を経験した人の中には「3年間も身ごもるなんてムリ!」といった声も(苦笑)。夫役の西島秀俊の縁起も魅力のひとつなので西島ファンの方ならぜひチェックしてみてください。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

妊婦の冬子は十月十日を過ぎても産気づく気配が一向に表れず、通常考えられない妊娠18ヶ月目に突入。家族を始め周囲の人間が騒ぎ立てる中、ついには妊娠27ヶ月に突入し…。女優・唯野未歩子が原作・監督・脚本を務めたユニークなファンタジー・コメディ。出演は中島知子、西島秀俊、木内みどり、ほか。

妊娠出産の尊さ、壮絶さに感動する作品

コウノドリ

綾野剛が連ドラ初主演で挑んだTBS系列のテレビドラマ。現在はシーズン2も放送されましたね。原作は講談社の週刊漫画雑誌「モーニング」で連載中の「コウノドリ」。医療の現場をテーマにしたテレビドラマは多いですが、産科医療の現場の作品はこれまであまりなかったのではないでしょうか。赤ちゃんが産まれてくることが、どれほど奇跡的で感動的なことか、また日本の周産期医療のレベルの高さを知ることができます。コウノドリ先生にはモデルとなった実際の先生がいるんです。それが荻田和秀先生で、なんとドラマの設定と同じく医師でありながらジャズピアニストでもあるんです!また、荻田和秀先生著の『嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本』という本もあり、ドラマ共々パートナーの男性にもぜひ読んでもらいたい一冊です。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

★綾野剛連ドラ単独初主演作!
冷静な判断力と、患者にあたたかく寄り添う、心優しき産婦人科医。
情熱的で謎多き天才ピアニスト。
二つの顔を持つミステリアスな鴻鳥サクラ役を演じる。

うまれる

『うまれる』は、流産・死産、不妊、障害などにも向き合ったドキュメンタリー映画です。4組の夫婦の妊娠・出産に物語を、タレントのつるの剛士がナレーターとして語ります。その4組の夫婦のプロフィールを簡単にご紹介します。一組目の真和・まどか夫婦は、まどかさんが幼少の頃母親に虐待された過去をもち、親になることに戸惑う夫婦。二組目の哲(あきら)・直子夫婦は、18トリソミーという染色体異常の障がいを持つ子を育てる夫婦。三組目の雅(まさし)・麻紀夫婦は、出産予定日に赤ちゃんがお腹の中で亡くなってしまった夫婦。四組目は、9年間不妊治療を続けるも授からず、子どものいない人生を受け入れた夫婦。妊活中で、なかなか授からず辛い想いをしている方に観てもらいたい映画です。

【あらすじ】(引用元:公式サイト)

出産、死産、不妊、障害、胎内記憶など様々な経験をされるご夫婦、ご家族の生の姿を見、そして経験を共有する事で、【自分たちが産まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、人との繋がり、そして"生きる"ことを考える、ドキュメンタリー映画】です。

ずっと、いっしょ

『ずっと、いっしょ』は、先にご紹介した『うまれる』のシリーズ第2作目となる映画です。この制作陣の特徴は、「2040年まで命・家族・絆をテーマにした作品を定期的に制作する」というビジョンを掲げていること。その壮大なビジョンに向けた第二作目が本作品です。シリーズというものの、ストーリーの連続性はないので前作を観ていなくても大丈夫です。本作品も重いテーマであるものの、笑って泣ける作品に仕上がっています。

【あらすじ】(引用元:公式サイト)

ドキュメンタリー映画『ずっと、いっしょ。』は、
・血のつながりのない家族
・愛する人に先立たれる家族
・死と向き合う毎日を生きる家族
と、それぞれの事情に向き合う3家族の姿を通して、自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、幸せのあり方を考え、感じる作品。

おおかみこどもの雨と雪

『時をかける少女』(アニメ版)、『サマーウォーズ』『バケモノの子』などを手掛けた細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』は、主人公の花が、おおかみおとこの子供を授かるというストーリー。父であるおおかみおとこは、双子の子供達が出産する前に事故にあって亡くなってしまいます。シングルマザーとして取り残された花は、この二人の子供を育てると決意。決して「肝っ玉母さん」的なキャラクターではないですが、とても芯の強い母で、心を打つ作品です。人間とおおかみのハーフの子供という異色なはずなのに、子育て世代が共感するシーンも多く、妊活・出産前の方にもおすすめですが、出産後に再度見直しても感動が倍増されるはずです。特に雪のシーンは描写が素晴らしく感動モノです!

【あらすじ】(引用元:公式サイト)

大学生の花は、人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”と恋に落ちる。やがて一緒に暮らし始めた2人の間に新たな命が生まれ、《雪》と《雨》と名づけられた。しかし永遠に続くと思われた幸せな日々は、彼の死によって突然奪われてしまう…。結婚・出産・子育てを通じて女性として成長していく花と、“おおかみこども”として生まれ自らのアイデンティティに悩みながら明るく生きる姉弟との家族の絆を描く感動作。

妊娠や出産がテーマだけど人によっては避けたほうがいいかも

できちゃった結婚

広末涼子と竹野内豊が主演のテレビドラマ。「できちゃった婚」という表現は今ではすっかり一般的に浸透しましたが、その発端となったのが本作品です。付き合っていたわけでもなく、遊びのつもりだったのにできちゃった!でもとりあえず産もう!というところからストーリーは始まるドタバタコメディドラマです。脇役陣も豪華で、とにかく陽気な産婦人科の沢村一樹、「逃げるは恥だが役に立つ」で人気が再熱した石田ゆり子は広末涼子の姉役、その石田ゆり子と腐れ縁就職浪人中の役に阿部寛。テンポもよく楽しめるドラマですが、妊活中でなかなか子どもが授からないのに、、、という方はあまり楽しめないかもしれません。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

『成田離婚』『お見合い結婚』と結婚にまつわるドラマでスマッシュヒットを飛ばし続けてきた脚本家、吉田紀子による結婚三部作の完結編。ある夏の日に関係を持った隆之介(竹野内豊)とチヨ(広末涼子)は、“できちゃった”がために、お互いのことをよく知らないまま結婚するはめになってしまう。恋人同士の2人が妊娠を期に結婚を決意する、俗に言う“できちゃった結婚”とはまったく違ったなりゆきの主人公たちが、ゼロからのスタートでどのようにして本当の愛を育んでいくかがみどころ。

14才の母

2006年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ。主演の志田未来は1993年産まれなので、主人公と同じ年齢での出演でした。中学生で妊娠、、というかなり衝撃的なテーマですが、実は『3年B組金八先生』の第1シリーズでも同じく中学生で妊娠・出産というテーマがありました。「十五歳の母」というエピソードで、杉田かおる演じる雪乃が妊娠・出産することを描いています。本作もこの金八先生を意識したのでしょうか。年齢はさらに1歳若い14歳での妊娠になります。未成年で子どもを生む覚悟をし、その直向きさや子供への愛情が描かれている傑作、という評価の反面、未成年の妊娠を美化しすぎ、という批評もあり、まさに賛否両論といった感じです。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

“女子中学生の妊娠”というセンセーショナルな題材を通じ真実の愛を描いた、志田未来主演によるヒューマンドラマ。14歳という若さで妊娠した主人公の姿を通して、幾重にも重なるさまざまな「愛」の形を描く。

コドモのコドモ

こちらも『14才の母』同様、未成年の妊娠・出産をテーマにした作品です。しかも本作はさらに年齢が若く、小学5年生で妊娠してしまいます。そして大人たちは頼りにならないということで、同級生たちが協力しあって乗り越えるというストーリーになっています。作品はややコミカルに、かつ感動的に描かれていますが、個人的にはその描き方自体が問題と感じます。「あぁ、子どもたち健気によくがんばったね」という共感を意図しているのであれば、未成年の出産を奨励しているとも受け取られますし、口コミを観てもそういった批判が目立ちます。あえてショッキングなテーマにして賛否両論を巻き起こす、いわゆる炎上商法的意図だとしてもそれはそれで倫理観を疑います。子どもたちの演技は素晴らしいだけに、複雑な気持ちになります。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

春菜はイマドキの小学5年生の女の子。ある日、いじめられっこで幼なじみのヒロユキと興味本位でしたのは”くっつけっこ”という遊び。そして、性教育の授業を受け「私、妊娠したかも!?」と思い始めます。大人たちに知られないままに、どんどん大きくなっていくお腹を抱え、春菜と友人たちは団結し、コドモたちだけで乗り越えることを決意しますが……。

ジュノ

こちらも未成年で母になるテーマの作品。アカデミー賞主要4部門にノミネートされた話題作です。とは言えハリウッドの大作映画のような大味の脚本ではなく、インディーズ映画を思わせるようなエッジの聞いた演出が光ります。主演のエレン・ペイジの演技力も魅力のひとつですが、はやり妊活中の女性にとってはあまり共感できないかもしれません。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

今どきの女子高生、ジュノ16歳。好奇心から、ちょっと気になる同級生ブリーカーとの1度きりのセックスで、まさかの妊娠!! 突然ブチ当たった“妊娠"という大きな壁に悩むジュノ。両親にどう伝える? 学校はどうする? ブリーカーとの関係は? そもそも、産むの? 産まないの? そんな時、新聞で里親希望の広告記事を見つけて……。大きくなるお腹とともに、心も成長していく彼女が導き出した答えとは?

ガタカ

デザイナーベイビーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?DNAを操作し、赤ちゃんの才能や体質などを親が望む内容(つまりは優秀な遺伝子を持った子供)にして出産する、という発想の総称です。『ダカタ』は、そういった遺伝子操作された人間が、自然出産で生まれた”不適正者”たちを支配する世界を描いたSFIDA映画です。デザイナーベイビーというと近未来の話で、現実的には空想の世界の話と思われるかもしれません。しかし、例えば妊娠中に胎児がダウン症であるかを調べる方法があることはご存知かと思います。ある調査結果では、新出生前検査および羊水検査などでダウン症などが確定した人のうち、97%の妊婦が人工中絶を選択したと言います。つまり、根底には誰しも優生思想があり、それは自然な欲求です。障がいを持って産まれるより五体満足に産まれてくれたほうが嬉しいし、プロのスポーツ選手や優秀な学者や事業家になるような優秀な子供であったほうが嬉しいと思ってしまうものです。そういった欲求を持った人間が、自ら産まれてくる子供の優劣を決めることができる世界になったとしたら、自分はどう行動するか?それを考えずにはいられない作品です。

【あらすじ】(引用元:アマゾン)

DNA繰作による優秀な遺伝子を持った“適正者”によって、自然な出産で生まれた人間が“不適正者”として支配される近未来。不適正者として生まれたビンセントは宇宙飛行士を夢見ていたが、それは不適正者ではかなわぬ夢だった。しかし、彼は自分の運命を変えるためDNAブローカ一の紹介でジェロームという青年の適正者IDを買い取る。ジェロームになりすまして宇宙局ガタカの局員となったビンセントはついにタイタン探査船の航海士に選ばれる。だが出発間近に上司が何者かに殺された事件でビンセントの髪の毛が発見された事から、正体発覚の窮地に立たされる。ビンセントの素性に疑いを抱く女性局員アイリーン。更にエリート捜査官となった弟のアントンの介入で、彼はますます窮地に追い込まれる。

他の動画を観たい人へ

以上、妊娠・出産に関する映画やドラマ18選でした!

この記事では妊娠・出産をテーマにした作品を中心にご紹介しました。でも、妊活中は逆に妊娠や出産のことを一回忘れて気持ちをリセットしたい時もあるかと思います。

そんな時におすすめなのが、動画配信サービスです。様々なジャンルの映画やドラマが月額定額で見放題なんです。

妊娠中、外出するのが億劫だけど気分転換したい時などに、大好きな作品を心ゆくまで楽しめるのでぜひお試しを♪

下記サイトでは、各作品がどの動画配信サービスで配信されているかを調査して掲載しているのでこちらも参考にしてみてください。

https://douga-haishin.info/

The following two tabs change content below.

Oga

マミーニ運営者。妻が二人目妊娠の時に、2回流産を経験したことがきっかけで、妊活・妊娠に関する情報を調べ始める。そして自分がいかに無知であったかを知って打ちのめされるも、学んだことを自分なりに整理したいと思いサイトを立ち上げる。家庭内の序列は妻>子供>犬>わたくし。長年不動の地位をキープしている。

-妊活

Copyright© マミーニ , 2020 All Rights Reserved.