妊活

妊娠に体型が関係している!?肥満だけでなく痩せ過ぎもNGです

投稿日:

妊娠にベストな体型とは

mamini-20160504-20-exercise
妊活中の人はすでに実感しているかもしれませんが、世の中には「妊娠しやすい人」もいれば「妊娠しにくい人」もおり、当然名ながら女性全員が同じとは限りません。この違いにはいろいろな要因がありますが、肥満型・痩せ型という体型も妊娠力に影響を及ぼす要因のひとつ。

女性なら誰もが一度は経験したことがあるダイエットですが、ダイエット方法が悪いと妊娠力を低下させ、不妊の原因になってしまう可能性もあるのです。妊娠における体型のひとつの基準はBMI。目安となる標準体重はBMI値が18.5以上25未満であり、BMI値22.0が一般的な理想値であるといわれています。

これを踏まえた上で、BMI値から見た「妊娠しやすい人」とはBMI値が18.5以上25未満の人を指します。妊娠したい女性にとって、体重はとっても大事な要素。今回は、妊娠を希望している人が目指したい体型について考えていきたいと思います。

肥満と不妊の関係

mamini-2044ec4adb23366e9341ebfe3632c5e9_m-badthing
肥満は最悪の場合、排卵停止の「無卵症」や生理がなくなる「無月経」につながる恐れがあります。脂肪が多いと、脂肪に溶けやすい女性ホルモンが体に多く蓄積していきます。これによりホルモンバランスが崩れて異常がおこりやすくなるのです。

妊活に関係なくとも、肥満が原因となり生理不順を起こしてしまっている例は少なくなく、健康的なダイエットに成功して生理不順が解消できたという人もいます。特に不妊症の原因である「多嚢胞性卵巣症候群」の人は、肥満を解消するだけで症状改善が実証されています。

妊娠においても、肥満を解消するだけで妊娠力が高くなるという可能性は大きく、自分自身の体型を見直すことは妊娠につながるきっかけになるかもしれません。

痩せ過ぎと不妊の関係

mamini-20160504-09-pregnant
女性であればモデル体型に憧れることもあるでしょう。モデル体型と呼ばれる人たちは、BMI値が18.5を大きく下回るタイプの人々を指します。痩せすぎると、身体は生命維持をするように機能しはじめ、生殖に関係するホルモンの分泌が後回しになっていきます。

その結果どうなってしまうかというと、月経・排卵が完全に停止します。特に急激なダイエットによって痩せ型の体型になった人はこういった結果に陥るパターンが多いです。また仮に、妊娠に成功したとしても痩せすぎ体型により、胎児に十分に栄養が行き渡らないということも懸念され、低体重児が生まれる原因として社会的にも問題視されています。

妊娠しやすい身体は日々の努力で作るもの。妊活女性はしっかりと食事や運動を改善して自身の体型を妊娠に適したものにシェイプアップしていきましょう。

The following two tabs change content below.

Oga

マミーニ運営者。妻が二人目妊娠の時に、2回流産を経験したことがきっかけで、妊活・妊娠に関する情報を調べ始める。そして自分がいかに無知であったかを知って打ちのめされるも、学んだことを自分なりに整理したいと思いサイトを立ち上げる。家庭内の序列は妻>子供>犬>わたくし。長年不動の地位をキープしている。

-妊活

Copyright© マミーニ , 2020 All Rights Reserved.